ホームページの評価

評価されるホームページとは「ユーザーにとって問題解決ができるサイト」とも言えます。
なぜ、ユーザーがインターネットを利用してウェブサイトを閲覧するのか?。問題解決を求めていると言えるでしょう。安くて良い品を求めて「楽天」。商品のクチコミが知りたくて「価格com」。キーワードで調べ物として「Yahoo!検索」「Google検索」。

一般的なBtoCサイトでは、顧客が不便と思っている事象が解決される事をアピールする手法があります。
「もっと短時間で作業できないかなぁ」→「サービス・商品にて、作業効率の短縮を図解」
「知識が無いんでどうしら良いか分からない」→「詳細で理解し易い説明で、サービス・商品の必要性を訴える」
など。

24時間働いてくれるホームページ、効果を最大限に発揮させられるようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。