モバイルファーストに騙されるな

 

昨今、「ホームページはモバイルファーストとして作成する」と言われています。
モバイルファーストとは、パソコン用として表示されるホームページより、モバイル(スマトーフォン)用を優先して作成することです。
「優先して作成する」とは、レスポンシブ制作という手法をとった場合、パソコン用とモバイル用は物理的に同じwebサイトのページとして表示されるため、どちらかを優先(より良い表示のされ方)して制作することがあるからです。

近年、ホームページの閲覧はパソコンよりモバイルからの閲覧が多くを占めるようになりました。
当然、閲覧数の多い形式を優先するのは、適切な取り組みと言えます。

但し、どんなホームページも「モバイルファースト」が良いとは限りません。
例えば、BtoBのサービスでは、パソコンでの閲覧こそ、ビジネスに繋がる事が多いと予想されます。
モバイルとパソコン用、どちらのホームページ表示を優先すべきと言えば、パソコン用となります。

業務内容のヒアリングが甘いホームページ制作会社では、BtoBなのにモバイルファーストであったり、学生向けなのにパソコン優先であったりと、ミスマッチが発生しがちですので、ご注意ください。

SEO観点でのモバイルファースト

デザインとは別に、SEO観点での「モバイルファースト」という言い方もされます(正確には「モバイルファーストインデックス」)。
こちらは、今でGoogleは、パソコン表示のホームページにて検索順位を判断していました。
それをモバイル表示のホームページによる判断に移行した事を言います。
現在では、多くのサイトが「モバイルファーストインデックス」となっております。

つまりは、WEBデザインとしては業務に合わせて、パソコン優先かモバイル優先か選べますが、SEO対策としてはモバイルに対して行わないと、意味が無いということになります。

混乱してしまいがちな点ですが、意外と大切なことですので、ご注意ください。