047-318-2734

営業時間:平日 9:00~20:00

result

ホームページの効果

ホームページの効果を高める目的の例

「効果的なホームページ」とは、「目標を達成するホームページ」です。
集客目的であれば、問合せ・販売数が目標に達しているか、
企業イメージ/ブランド向上であれば、ターゲットに浸透しているかが重要となります。

集客・販売


新たな顧客獲得や既存顧客の維持

ブランド向上


自社やサービスの認知度やイメージ向上

広報


顧客や取引先へのサービス・モノ・企業などの情報公開

求人


新卒・中途・パート等の募集

士気


社員の意識向上、社員家族への情報提供

システム


社内、代理店間等のクローズド情報共有

効果的なホームページを実現するためのポイント

1.集客目的

問合せ数、申し込み数、販売数の増加を目標とした場合にチェックすべきポイント

①「ホームページの閲覧数が少ない場合」

  • キーワードの検索順位は上位か?
  • キーワードは正しいか(正しい顧客の閲覧につながるのか)
  • 検索エンジンのタイトル、説明文は興味を引く内容か?
  • リスティング広告による集客は実施しているか?
  • SNSを活用しているか?
  • 単独ホームページだけでなく、複数サイトからの集客を行っているか?

②「ホームページの閲覧数は多いが、問合せ・販売(コンバージョン)につながらない場合」

  • 正しい顧客層が閲覧しているか?
  • わかりやすく安心できるデザインか?
  • ホームページの動線は正しいか?
  • 直帰率・離脱率の数値は正常か?

2.ブランド向上

企業イメージ・ブランド向上を目的とした場合にチェックすべきポイント

①「ホームページの閲覧数が少ない場合」

  • ターゲットとなる顧客に適したデザイン・コンテンツであるか?
  • コンテンツが適切な表現となっているか?
  • ホームページ以外にもトータルでデザインができているか?
  • 自社の特徴を明確に表現できているか?
  • ホームページの閲覧数、ターゲット顧客は適切か?
  • SNS、ブログ等の情報発信は適切か?

ホームページは作成しリリースするだけでは十分ではありません。
リリース後もアクセス解析・顧客反応などに基づき問題点を確認し、修正とテストのサイクルを繰り返す必要があります。

もし、ホームページの効果 に疑念をお持ちであれば、お気軽にご相談ください。

Agrilot

アグリロットホームページ制作

047-318-2734

お問合せ、ご相談は無料
お気軽にお問合せ下さい