里山トロッコ(千葉県の小湊鐵道)に乗ってきた

「里山トロッコ」に乗ってきました。

小湊鐵道 里山トロッコ

「里山トロッコ」は千葉県の小湊鐵道のトロッコ列車です。上総牛久から養老渓谷まで往復しています。
運賃(片道):1410円
上記に里山トロッコ整理券料金として追加で 500円必要です。

乗車した感想を一言で言うと「予想以上に楽しかった」です。
下りは展望車が満席だったので窓付きの普通車、上りは展望車に乗れました。
やはり、展望車は爽快感が違います。
外の景色は渓谷・山間部や田園風景と、都心近郊とは思えない自然が溢れています。
普通車の窓を開けた状態でも楽しめますが、窓の無い展望車はより自然と一体化できるといった感じです。

ローカル線として小湊鐵道のことも気になったので調べてみました。
小湊鐵道は売上60億円、経常利益8億円の黒字企業でした。
バス事業が売上の8割を占めますが、鉄道事業も黒字とのこと。
五井駅から上総牛久駅(トロッコが走っていない路線)で収益を上げ、やはり山間部(トロッコが走っている路線)は赤字とのこと。
ただ、赤字だからと山間部を廃止する予定は無いそうです。
このままトロッコ列車には頑張って欲しいですね。

「里山トロッコ」は、その開放感と豊かな自然景色が楽しめますが、もしかしたら一番の魅力は別の事かもしれません。
トロッコ列車に乗っていると、地域の人々が手を振ってくれます。
駅員や売店の人、車で踏切待ちしている運転手・助手席の人、農作業している人、道を歩く人など、多くの人々が手を振ってくれます。
是非、笑顔で振り返えしてみてください。
これは本当に心が温まります。

九州新幹線開通のCMを覚えていますか?

新幹線開通に伴い、沿線の方が手を振ってくれるだけのCMです。
しかし、それが結構感動しますので、スケールは違いますが本質的な部分は似ているかなと。

素晴らしい景色、歴史ある建築物などの観光も良いですが、人との触れあいも観光の醍醐味なのかもしれません。

関東近郊の方は「里山トロッコ」、お勧めです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA