コンテンツマーケティングの紹介-サンプル記事付き-

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法です。
別の言い方をすると、「読者の興味を引く(役立つ)記事を書いてアクション(購入、申込みなど)に繋げる手法」とも言えます。

サンプル記事

簡単なサンプルを用意しました。

例)
文房具を販売しているネットショップのコンテンツマーケティングブログとして、ボールペンを紹介するサンプル記事です。

ボールペンインクの種類と特徴

ボールペンの歴史

ボールペンは、1943年ハンガリーでラディスチオ・ピロによって開発されました。日本人の目にこのボールペンが初めて目に触れたのは1945年のことで、日本に来た米国兵によって紹介された。ピロの開発からわずか2年後には米国兵士のほとんどが所有していたとのことで、この事実からもその普及のスピードの早さに驚かされる。

ボールペンの種類

ボールペンの種類は使用するインクの特性により、油性・水性・ゲル・エマルジョンに分かれる。
また、それぞれ染料と顔料に分かれる。顔料染料は溶剤に溶け発色性に優れており、顔料は溶剤に溶けない物質で、耐光性や耐水性に優れている。

種類 成分 長所 短所
油性ボールペン 溶剤「揮発性有機溶剤」を使用 にじみがない、裏うつりがしない、水で字が流れることが少ない、色あせることがない 字の書き味や発色がよくないなどの他に、字を書いている途中で、インクが少し垂れてしまう
水性ボールペン 溶剤は水を使用 書き味、色の発色性が良い 水にぬれるとインクが流れてしまったり、耐光性がない、あるいは裏うつりする
ゲルインクボールペン 水性インクにゲルを加え粘度を高めたインク 油性ボールペンと水性ボールペンの両方の長所を、取り入れた 他のボールペンよりもインクの減りが早い
エマルジョンインクボールペン 油性の溶剤の中に、水溶性染料を水滴化して混合 油性ボールペンと水性ボールペンの両方の長所を、取り入れた ゼブラ独自開発であり、バリエーションは少ない

近年、油性ボールペンと水性ボールペン長所を兼ねたゲルインクボールペンが主流となってている。しかしながら、その特性上、インクの減りが他より早いという短所がある。

○○ボールペンはゲルインクボールペンの欠点である「インクの減り」を独自配合のゲルにより解消し、油性ボールペンと同レベルのインク消費率を達成した商品である。

   商品の解説はこちらのページ

是非一度、その書き味と発色性をお試し頂きたい。

ここでは、ボールペンの歴史・種類を記載することで、読者の興味を引きつけようとしていることがおわかりでしょうか。

この記事では、ポールペン全般の記事を書くことでユーザーの「記事作成者への信頼」を促すことを目的としています。
つまりは「この記事投稿者(お店)はボールペンに対する造詣が深い⇒もっと商品を見てみよう⇒この人がおすすめする商品なら買ってみようか」ということです。

通常のブログであれば、商品の特徴を大きく紹介する記事となります。それはそれで効果があることもありますが「宣伝臭」が大きくなる欠点があります。
宣伝ばかりのブログと、興味深い記事内容のブログ。
どちらをより読みたいか、どちらのお店から買いたくなるか?
そういうことです。

コンテンツマーケティングの欠点

このように効果が期待できるコンテンツマーケティングですが、欠点もあります。
それは「質の高い記事を書かなければならない」ということです。

前にも書いた「興味深い記事」とは、専門知識に基づく記事ということになります。
ネットショップであれ、歯科医院であれ、製造業であれ、自社商品・サービス関連のユーザーの興味を引く(専門的な記事)が必要です。
記事作成も調査・整理、下書き、校正が必要になるでしょうし、ひとつの記事のために時間がかかります。

コンテンツマーケティングのサポート企業の多くは、ここをターゲットとした記事作成代行サービスをしています。
アグリロットでもサポートしております。
しかしながら、より良いのは自社で記事を書くことです。
なぜならば、商品・サービスの知識を一番持っているのは販売している企業であり、第三者が書くより良い記事ができる可能性が高いからです。

アグリロットでは、コンテンツマーケティングに最適なブログ環境の提供、効果的な記事の書き方、SEO対策を考慮した記事の作り方などの指導も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

なお、例題のボールペン記事はサンプルとして書いたものですので、内容の薄さと正確性はご容赦下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA